中学生の勉強法 中学生の理科勉強法

塾の中の人が教える中学生理科の勉強法

更新日:

中学生理科の勉強法について書いています。

中学生理科はやればやっただけ上がるのが特徴です。

「やればやっただけ上がる」・・いい言葉ですね。

まだ何もしていないのに理科の点数が上がった気がしますよ。熱血系塾講師が良く言いそうです。

言い換えると

「やらなければどんどん下がる」・・恐ろしいですね。

どちらの言葉が良いですか?

テストの点数に分けて勉強法を書いていきます。
やれば点数になるのだから勉強法と言ってよいのかわかりませんが。

 

点数0~60点まで

暗記→問題を解く→直す(ここでまた暗記)→問題を解く

を繰り返す。

 

1行で終わってしまいましたね。

60点まではこれでどんどん伸びていきます。

 

学校の授業が左の耳から右の耳へ抜けていく生徒は問題を解く前に「暗記」と言う作業を加えましょう。

暗記とは語句の意味や、図の中の位置などを覚えることです。

 

暗記の注意点

暗記する際の注意点があります。それは「暗記で教科書を使ってはいけない」ということです。

教科書は暗記に適していません。先生と生徒が授業をするために使うものです。

学校ワークを使いましょう。語句だけをまとめたページがあります。

 

理科は暗記ができているかどうかで点数が取れる部分があります。「ちゃんと暗記した」という準備をしてから問題を解きましょう。

 

問題を解くときの注意点

問題を解く際の注意点があります。

「わからないところ(暗記できていないところ)は飛ばす」

暗記できていないところを1分以上考えるのははっきり言って時間の無駄です。

 

いつまでたっても理科の暗記問題を解けない生徒は「考えてる=勉強している」と思い込みがちです。ただ時間をつぶして楽な方に逃げているだけです。

 

じっくり時間を使って学ぶのは計算問題、記述問題の部分です。

そして暗記ができていないのに計算問題や記述問題を解こうとするのは

これも時間の無駄です。捨てておくのが良いです。理解するのは至難だからです。

 

「まずは暗記をするんだ」と割り切って

ひたすら暗記して問題をといて確認作業ができるかどうかが60点への道ですね。

地味~な作業ですね。

「やればやっただけ上がる」とはいったもの現実は地味で辛いのです。

0~30点の生徒はこの段階で例外なくアッサリ投げ出すか空中を見ているだけなので周りが見張らないと向上しません。

「何回やった?」

「1回・・(ほんとは空中を見てただけ)」

が日常茶飯事です。その子を見張る警備員が必要なレベルです。

 

60点~90点の生徒

「俺、たいして勉強してねーのにいつも60点だよ」

という生徒は学校の授業がある程度頭に入ってるということです。
問題をどんどん解いて直していきましょう。

 

このレベルの生徒は、問題を解く→直す→問題を解くを繰り返していけば頭に入ってしまうので、暗記の作業はさほど必要ありません。

 

問題を解く際の注意点は「いろいろな問題を解く」です。

同じような問題でも見方が変われば解答が違ってくるので

色々な問題に触れてみましょう。

 

理想はテストのときに「見たことがない問題がない」レベルです。

 

また、計算問題や記述問題は解説を読んで分からなければ人に聞くことです。

このレベルの生徒は学校の授業や暗記がある程度頭に入っているので

人の説明をよく理解できます。どんどん解決していきましょう。

 

90~100点の生徒

ここまでくれば何が足りていないのか

深い知識です。

資料の細かい部分や教科書の隅に書いてある語句などを見逃しているので

そこを勉強しましょう。

そして参考書を1冊買って、日々眺めることです。

参考書には様々な実験が載っていますので、マニアになるくらいの勉強ができます。

 

まとめ

やればやっただけ上がる・・本当にそうだと思います。

だが実際は

本当にやれんのかオマエ?やるってどういうことか分かってんの?

頭に入るまで永遠にやるんだよ?空中みてる暇あったら暗記しなさいよ!

です。

 

割り切って暗記をまず頑張ることができる中学生(特に点数が低い子)が

どれだけいるのでしょうか。

理科の点数が低い生徒は割り切れないまま、暗記できないまま、問題を解いてしまいます。

そして振り返らない。やったつもりになってテストを受けてしまうのです。

 

勉強してないのに点数が取れてしまう生徒も問題演習を軽視しがちです。

似たような問題何回も解いたらウンザリですよね。

 

点数を取りたいという気持ちがどれだけあるかが大事です。

(当たり前のこと言ってますね、スミマセン)

 

勉強法といっていいレベルではありませんがこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

それでは失礼します。

 

宿題をやっているのに成績が上がらない

学校の授業についていけてない

英語数学の点数がガクンと落ちた・・

 

子供にやる気があるのかわからない←違います

結果を出してから初めて「やる気」が出ます。

無料体験受付中です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



-中学生の勉強法, 中学生の理科勉強法

Copyright© 福井県福井市の塾<中学生~小3>スタディハウス藤島教室のホームページ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.