福井県の高校入試

福井県の高校入試は推薦か一般

更新日:

福井県の高校入試というお題で書いていきます。

推薦を受けるか受けないのか

受ける場合、中学校の会議さえ通れば受験できます。

出願そして学力検査と面接等、合格発表は1月後半です。

 

受けない場合は一般入試で高校を目指すことになります。

 

一般で受験する

一般で高校進学を目指す場合

「併願をするのかしないのか」で分かれます。

併願・・公立も私立もどっちも受験するよということです。

福井県の場合併願を希望する生徒の多くは私立高校がいわゆる「滑り止め」であり

公立高校が「本命」という感じです。

日程は私立高校が2月初め、公立高校が3月初めあたりです。

 

私立が本命だよ!という生徒は併願を受けずに

「専願の受験」となり・・まぁ合格ラインが緩くなります。

 

私立高校を併願で受験すると

多くの生徒が私立の併願合格をもらいますが

もらえない生徒もいます。

落ちた場合

「落ちたよ、ウチには入れない」

「落ちたけど、公立受験しないなら合格にしてあげるよ」

となります。

優秀者は

「ウチに来てくれたら学費免除だよ!」

という結果もあります。

 

公立高校が本命だし私立なんて受かってもどうせいけない!

なんて生徒は併願を受けずに公立高校のみ受験します。

 

仮に20名募集している公立の学科で21名受験したら1名落ちるわけで、

その1名が併願を受けているかはわかりませんが落ちるものは落ちます。

 

お世話になりたくはありませんが公立高校の2次募集があります。

出願検査合格は3月半ばです。

 

学力診断テストがすべて?

どんな受験をするのかは学校の先生と相談するのが通例です。

私立を併願で受けるのか

私立は専願で受けて公立は諦めてもらうのか

いやいや、私立は無理ですよ

ならどこの公立高校を受験するのか・・・

 

その際なにを基準として話が進むかと言いますと

11月の学力診断テストの結果です。

 

この点数次第で行きたい高校を受験できるかどうか決まってしまいます。

学校の先生は進学できない生徒を出すわけにはいきません。

無茶な受験はさせてもらえないでしょう。ノーと言えるなら別ですが。

 

もちろん公立の受験は3月ですから今後に期待ということもあり

学校の先生からYesが出るかもしれませんが、併願ありきでしょう。

 

なんとなく福井の高校入試のイメージがつかめたでしょうか。

 

それでは!

「友達登録」で無料体験や中学生定期テスト対策講習の詳細をお届けします。友だち追加

※塾外生は初めての方のみテスト対策講座に無料で参加できます。

 

-福井県の高校入試

Copyright© 福井県福井市の塾<中学生~小3>スタディハウス藤島教室のホームページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.