中学生の勉強法

勉強は二つに分けよう

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾では勉強を二つに分けてます。

覚える勉強と解く勉強です。

 

覚える勉強

・学校の授業をちゃんと聞く

・1回目の問題演習

・基礎部分を暗記する

・人に質問する

・参考書を使って問題を解く

解く勉強

・対策プリント等を解く

・2回目以降の問題演習

・暗記した基礎部分を使って応用問題を解く

・人に質問しないで問題を解く

・参考書を使わないで問題を解く

 

覚える勉強も解く勉強も大事ですが3:7ぐらいが理想です。

 

点数が上がる勉強は「解く勉強」です。

その「解く勉強」を加速させるのが「覚える勉強」です。

こんなイメージでいいかと(*^^)v

 

テスト前日にも関わらず学校ワークを1周も終えてないのは

覚える勉強すらできてないということです。

問題集1周やって満足している生徒は

覚える勉強をしているだけで点数が上がる解く勉強までやってないということです。

 

テスト前日に参考書開いて問題解いてる生徒には

「それ今やってる時間あんの?」という指導が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題集を2周も3周もしろとまではいいません。(確認テストは部活休みがありませんからね)

2周目からは間違えたところだけやればよいのです。

というわけで間違いを記録するシートを作成して塾生に配ってます。

 

 

「全部間違えたウヘェ( ^)o(^ )」

とかいう生徒は覚える勉強の学校の授業をちゃんと聞くところから始めてくださいね。

 

それでは!

 

-中学生の勉強法

Copyright© 福井県福井市の塾<中学生~小3>スタディハウス藤島教室のホームページ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.